簡易CentOSセットアップ

access_time
簡易CentOSセットアップ

開発や勉強にLinux環境(CentOS 6系)が簡単に欲しい場合のセットアップ手順です。
LinuxインストールはVMwarePlayerやVirtualBoxにインストルール済みの前提です。

以下ではCentOS6系でLAMP環境を環境設定を書いていきます。
あくまでも開発用なのでセキュリティなどは無視です。

 

 

 

rootパスワード無効

パスワードなしでsuをするための設定です。ユーザーは[userfun]としていますので読み換えて下さい

パッケージアップデート

何はともあれyumをアップデート

サーバの日本語化

設定言語を確認し

ます。

ここでシステム再起動を行い、日本語環境になっている事を確認できれば日本語化終了。

ローカル時間設定(日本時間に合わせる)

USTなのでJSTに変更します。
/usr/share/zoneinfo/Japanを/etc/localtimeに上書きすることで変更されます。

Apache httpdインストール(2.2)済みのものをそのまま利用します。

php インストール(PHP 5.6)

mysql インストール( 5.7)

設定

SELinuxの状態確認と解除

開発では何かと面倒なのでSELinuxは解除します。

ポート開放 確認

以上でLAMP環境はできましたので、WordpressなりLaravel 開発して下さい