Aptana Studio 3 Betaを日本語化して使う

最近はAptana3(Beta)を使っているので、Aptana3(Beta)の日本語化について書きます。
(Windows)

Webオーサリング、SDK、のAptana3(Beta)ですが、
HTML5をはじめ、Ruby on Rails 、Git、
CSS3 、JavaScript、 PHP 、Python、Zen Coding、jQuery等々をサポート。
かなり強力、しかもカスタマイズが自由に出来ます。(Eclipseだからね。)

aptana3

プラグイン版もあるので、Eclipseのプラグインとしてインストールも可能。
Java開発しながらWeb(画面)部分も同じツールで開発ということも出来ます。

しかし、なかなかAptana Studio 3が正式版にならないですね。(※)
待ちきれないので使っていますが、完成度は高いので何の不便もないです。
が、もう少し使いやすいように日本語化にしましょう。

※現在はAptana Studio 3正式版がリリースされています。

続きを読む »

CUIでもTwitter Java(twitter4j)でTwitterクライアントを作ってみた

ブログ書くの何ヶ月ぶりだろうか・・・忙しかったんです年度末は。

DosプロンプトでTwitter

DosでTwitter

EclipseのコンソールからもTwitterしたり、TeraTermでいかにも仕事しているフリでつぶやいちゃったり出来るかも?Twitterクライアントを作ってみました。(今更感がありますが・・・作ってみたいだけです)

続きを読む »

IEでJavaScriptのデバック

今年もヨロシクお願いします。って、もう2月ですよ。

家では仕事からちょっと離れたいので、専らDTMをやっています。
・・・・・って、そんなに離れてないか。

2MIXの難しさや奥深さを改めて感じる今日この頃。
ある程度まではできるんだけど流石にプロのレコーディングエンジニアの様には
いかない。当たり前か。
ソロソロ佳境に入ってきたところ。
色々楽しみです。

話は変わりますが、仕事ではWEBアプリを作っているんですが
IE6縛りの開発でちょっと困ったのがJavaScriptのデバックです。

今時はFireBugなのでしょうが、IEだし。FireFox未サポートのアプリだし。
IEでもツールバーとかアドオンとか入れれば?と、思うわけですが。
ブラウザ自体に色々入れてはいけなかったり、そもそもツールバーとかは全消しな状態のアプリなのでメニューバーすら使えない。
しかもJavaScriptは大量なのでエラー発生時の特定が面倒。

そこで、MSオフィスが入っていればデバックできる方法がある。
(最近はもっと良いものがあるのか謎ですが・・・・VisualStudioだとMicrosoft Development Environmentとかいうのもある)

インストール備忘録。
オフィスのバージョンによっては色々違うかも。

※環境はWinXPとOffice2000で説明してますが、環境が違う場合は読み替えてください。
※もちろんMicrosoft Office がインストールされていること。
続きを読む »

WordPressカスタムフィールドGUI

某中古レコード屋さんのWEBサイト作成のお手伝いをさせてらっています。
今回もWordPressを使ってのサイト構築です。

今回は色々手作りしなきゃなーって覚悟を決めてWPのCodexとか熟読してたんだけど・・・・しばらく触っていない間にWPの関数も便利になっているし、
なんといってもプラグインがめちゃくちゃ充実していて手作りは最小で良いんじゃないかと。いや、本当にWPは良い進化を続けているようです。

今回紹介するのは、カスタムフィールドを便利に使えるGUI
Custom Field GUI Utility」です。

カスタムフィールドを大量に使うサイトでは重宝します。
しかも画像アップローダーまで使えるのがすばらしい。
今回「作らなきゃ」って思っていた機能だったのでめちゃくちゃ助かった。

Custom Field GUI Utility

Custom Field GUI Utility

カセットテープなmp3プレーヤー

思春期に、ほぼ腐ったアナログレコードとカセットテープで育ったおかげで、最近のへなちょこなオーディオ機器でも「音良いなー」とか思ってしまいます。
で、やっぱり今では懐かしいNapstarのおかげでmp3にもどっぷりはまって
もう音質なんてドーデも良くなってしまった、というより、少しくらい劣化しているのがちょうど良いくらいです。

そんな懐かしいカセットテープのmp3プレーヤをWEBに貼り付けましょう。
あんまり調子に乗って貼り付けてるとレコード会社から怒られるそうです。
詳しくはこちら

セキュリティ対策

studio-fun.netがレンタルしている
さくらインターネット

はセキュリティ対策を強化するらしい。
WAF(Webアプリケーション・ファイアウォール)の導入
※新たに導入されるのは、ジェイピー・セキュア製のシグネチャ型WAF「SiteGuard」

と「共有SSLサーバ証明書」の無償提供だそうです。
さらに、MySQL5の提供も開始。
昨年11月にディスク容量が増えたばかりでさらにサービス向上です。

WEBアプリ開発では避けて通れないセキュリティー対策です。
WAF(Webアプリケーション・ファイアウォール)の導入では
いろいろと問題がありますが、入れないより安全だと僕は思います。
Webアプリ開発では、SQLインジェクション、XSS(クロスサイトスクリプティング)対応が
かなり大変です。
最初から考慮(設計)されていれば良いのですが、ノーガードのWebアプリケーションを途中から渡されてから対応してくれというのは相当面倒。
なので、Webアプリケーションの対応も良いですが、WAF(Webアプリケーション・ファイアウォール)の導入を考えた方が良い場合もあります。
開発するのと、運用サーバーにインストールするのと、費用、や影響範囲をイロイロ考えて対応することが大切です。

JavaScript、CSSファイルを圧縮しよう

JavaScriptやCSSはダウンロードされてから動作するのでサイズは小さい方が良い。
最近のJavaScript、CSSが肥大化しているのは言うまでも無いです。

そこで製作者としては、できるだけファイルサイズを小さくして、外部ファイルを
読み込ませればそれだけ描画、動作も軽くなりますよね。最近は高速ブロードバンドですが、ナローバンドのユーザーだって沢山いるんです。

結構いろんなツールが出回っていますが、僕のお気に入りは
「YUI Compressor Online」
です。Webでできるツールです。無料です。
お手軽で良いです。

yui-compressor-online

yui-compressor-online