Androidアプリ制作 コンパスその後

先日、夏休みの工作としてコンパスAndroidアプリを作成しました。
せっかくなので見た目が良い版も作りました。アイコンもガイドラインに沿ってみました。

久しぶりのillustratorでしたが楽しかった。文字盤とかもあっという間に描けました。最新が欲しい・・・・

前回と違うのは画像描画が激しく行われるため、SurfaceViewを継承したクラスを使うのが良いということで、ソースコードは以前紹介したものとは全く別物です。

マーケット公開しようと思っていたのでしたが、不具合が発見されたので止めました。
結構奥が深いです。
人様に使ってもらえるレベルではないと、修行が足りないということです。

そんな訳で、公開できないのはちょっと悲しいので画面キャプチャだけUPします。
もう少しブラッシュアップできたら公開してみようかな。

追記備忘録

・終了時にセンサーリスナーを破棄の処理(unregisterListener)
・その他ソース見直しで少しはましになった。
・ほぼ完璧になった。面白いアプリではないので公開はしない。

Android コンパスアイコンも作った

AndroidSDK開発のレシピ―104個のレシピで学ぶAndroidアプリ開発の極意

Androidアプリ

Androidアプリを作ってみました。

Androidアプリも相当数出そろってきましたね。
なので、今更なのですが。。。夏休みの工作です。
サントリーオールド空瓶の謎のボトル人形みたいなもんです。

Java経験少ない僕でも数時間で出来たのでJavaをずっとやっている方や、詳しい方は
あっという間でしょう。

せっかくなので携帯端末の位置情報センサーを使って
「コンパス(方位磁石)」作ってみました。

Compass

Sensor.TYPE_ORIENTATION・・・傾きセンサーを使います。
・・・ですが、「Sensor.TYPE_ORIENTATION」は何時からか「非推奨定数」となっていました。
Android2.2からはgetOrientationメソッドが推奨ということです。

画像を用意してクルクルさせるのも良かったのですが、
それじゃあんまりなので、もっとプログラミングっぽく。
コンパスの針も計算して描画させましょう。

Eclipseのエミュレータではセンサーイベントが取れないのか期待した動作をしませんので
実機で試しましょう。
因みに実機はHTC Desire X06HTで動かしてみました。

少しだけ解説。

・用意するクラスは2個だけ(CompassActivity.java、MainView.java)
・Activityを継承しているクラスにinterface、SensorEventListenerを実装。
・センサーチェンジイベント(onSensorChanged)が発生する毎に描画(MainView)に行きます。
・MainViewはViewを継承しましょう。
・傾きセンサーで取得された角度を基に座標を求め、針を描画(onDraw)します。
・針を描画では三角関数を使う。三角関数はJavaのMath.cos、Math.sinがあるのでそこにラジアンを渡してあげましょう。

あまり作りこんでいませんが、Androidアプリ作り始めに丁度良かったです。

参考サイト

Android開発の基本、公式サイト この辺読めばだいたい解ります。後はググれば情報満載です。
Android
アイコンデザインガイドなど
Icon Design Guidelines

[amazon asin=”4798027049″][/amazon]

続きを読む »

WordPress for Android

WordPress for Android
Android端末からWordPressを管理できます。
主に「投稿」「ページ」「コメント」の管理が出来ます。(タグ、カテゴリの管理もできる)
WordPress for Android
かなり以前から公開されていたみたいです。

早速インストールしました。
バージョンは1.3.3(現時点)でした。
使い勝手はかなり良いです。

ブログの更新を頻繁にする方は重宝するのではないでしょうか。