Aptana Studio 3 Betaを日本語化して使う

最近はAptana3(Beta)を使っているので、Aptana3(Beta)の日本語化について書きます。
(Windows)

Webオーサリング、SDK、のAptana3(Beta)ですが、
HTML5をはじめ、Ruby on Rails 、Git、
CSS3 、JavaScript、 PHP 、Python、Zen Coding、jQuery等々をサポート。
かなり強力、しかもカスタマイズが自由に出来ます。(Eclipseだからね。)

aptana3

プラグイン版もあるので、Eclipseのプラグインとしてインストールも可能。
Java開発しながらWeb(画面)部分も同じツールで開発ということも出来ます。

しかし、なかなかAptana Studio 3が正式版にならないですね。(※)
待ちきれないので使っていますが、完成度は高いので何の不便もないです。
が、もう少し使いやすいように日本語化にしましょう。

※現在はAptana Studio 3正式版がリリースされています。

Aptana Studio 3 Betaを日本語化

Aptana Studio 3 Betaはインストールしておいてください。

日本語化には「Pleiades – Eclipse プラグイン日本語化プラグイン」を使用します。
http://mergedoc.sourceforge.jp/
より、「Pleiades 本体ダウンロード」を行ってください。
Pleiades

1.ダウンロードしたファイルを解凍し、features と plugins ディレクトリを<Aptana Studio 3(インストールディレクトリ)>ディレクトリにコピー。

2.<Aptana Studio 3(インストールディレクトリ)>/AptanaStudio3.ini ファイルの最後の行に以下のように、-javaagent 指定(pleiades.jar へのカレントディレクトリーからの相対パス、または絶対パス)を追加。
「-javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar」この1行のように追加。

AptanaStudio3.ini ファイル

--launcher.XXMaxPermSize
256m
-vmargs
-Xms40m
-Xmx384m
-Djava.awt.headless=true
-javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

これだけです。

再度、Aptana Studio 3を起動してみてください。メニュー部分等が日本語されていますか?
日本語化されていれば成功です。

“Aptana Studio 3 Betaを日本語化して使う” への15件のフィードバック

  1. はじめまして☆
    すごくわかりやすい説明だったので、すぐに日本語化できました!
    ありがとうございました!!

  2. これって、macには対応していないですか?やってみたけど、できませんでした。。。

  3. ありがとうございました!
    テキストを見てもわからなかったのですが、このHPで無事適用できました。

  4. 参考になりました。

    日本語化でPleiades 本体コピー後の起動時に
    AptanaStudio3.exe -clean
    とする必要がありましたのでコメントさせていただきました。
    Wni7/64bit

  5. 情報有難う御座います。
    正式版になってからインストールしてなかったので今度試してみます。
    Win7/64bitも確認してみます。

  6. とてもわかり易かったです。
    最新版、
    Win7 64bit
    Aptana Studio 3.0.9
    pleades 1.3.4
    で日本語化出来ました。
    javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar
    も、そのままで大丈夫でした。
    ありがとうございました。

  7. 初めて使うソフトで、困っていましたが、助かりました。

    Win7 64bit
    Aptana Studio 3.2.0

    ありがとうございます。

  8. ありがとうございます。

    Win7 64bit
    Aptana Studio3 3.2.2.

    日本語化出来ました。
    このままでいけました。
    javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Additional comments powered by BackType