GitとTortoiseGit

git
いやー「Git」来てますね!え?ぜんぜん来てない?
・・・・・
うん、そういや僕の知っている現場ではぜんぜん来てないや。
今の現場はまだCVSだし、全然困らないし。
で、分散型って需要もココには無いのです。
でも、バリバリ使っているところでは使っている。

分散型バージョン(プロジェクト)管理というものはどんなものだろうか?
とにかく、触ってみたい!ので
今借りているレンタルサーバ「さくらインターネット(FreeBSD)」にインストールしてみました。
というか、他のブログにソースが転がっていたので楽々です。
あと、さくらインターネット関連では「さくらでSubversion」ってのもよくあるけど、SVNよりGitのほうが
断然インストールは簡単です。

サーバー側は良いけど、やっぱりクライアント側はTortoiseSVNみたいに
サクサク使いたいのでTortoiseGitを使ってみました。
こちらも情報は結構転がっていましたが、ちょっと最初戸惑ったかな

サーバー側のインストールを紹介。
リポジトリの作成、クライアント側からTortoiseGitで突く一連を(備忘録として)書こうと思います。

分散型バージョン(プロジェクト)管理について
詳しくは、色々紹介されているページがあるのでググッて下さい。
ココとかお勧めです。

レンタルサーバーさくらインターネットにGitを入れる

※言うまでも無く、やりたい方は自己責任でお願いします。

では、サーバーから行ってみましょう。
http://git-scm.com/
本家より最新(ブログ執筆時はv1.6.4.2)をインストール。

以下、見れば解ると思います。
sshして以下コマンド叩いて行けば良いです。
後は自分の環境に合わせてください。

v1.6.4.2

% mkdir ~/local/git-1.6.4 #$HOMEディレクトリでOK
% wget http://kernel.org/pub/software/scm/git/git-1.6.4.2.tar.bz2 #最新版アーカイブダウンロード
% tar -xjvf git-1.6.4.2.tar.bz2 #ココに展開
% cd git-1.6.4.2
% ./configure --prefix=$HOME/local/git-1.6.4 #configureでMakefile作成(prefix以下にインストール)
% gmake #※gmakeで
% gmake install #インストール
% ls -la #すべてのファイル表示で「.cshrc」があるか確認。
% vi .cshrc # $HOME/local/git-1.6.4/binをPATH(set path =)に追加
% source .cshrc #変更を反映
% git --version # git version 1.6.4とでればインストール完了!

サーバー側リポジトリ作成

どこでも良いので「repos.git」みたいなディレクトリ作成し
そこにリポジトリ作成。?.gitは慣例でつけるらしい。

%mkdir gitrepos
%cd ./gitrepos/
%mkdir repos.git
%cd repos.git/
%git init
Initialized empty Git repository in /home/your-user/gitrepos/repos.git/.git

上記出れば成功。
以上でとりあえづサーバー側は一旦終了。

TortoiseGit(日本語)のインストール

はい、Git(サーバー側)インストールとリポジトリできたので次はTortoiseGit(クライアント)です。
以下サイトより3つダウンロードしてインストールしましょう。
ほぼ日本語環境で使えます。
ココからダウンロード
http://sourceforge.jp/projects/tortoisegit/

(1)TortoiseGit(英語版、インストーラ)
(2)TortoiseGit日本語言語ファイル
(3)msysgitインストーラ
(1)?(3)をインストールするだけ。

ローカルリポジトリの作成からサーバーリポジトリへのPush

ココからは画像キャプチャを使って簡単に説明していきます。

1.右クリックメニューよりリポジトリを作成。

1.右クリックメニューよりリポジトリを作成。


まず、ローカルにもリポジトリを作ります。

2.リポジトリにプロジェクトのファイルを追加

2.リポジトリにプロジェクトのファイルを追加


自分の管理したい(分散管理したい)プロジェクト一式を追加しましょう。

3.ローカルにコミット

3.ローカルにコミット


2.で追加したプロジェクトをローカルにコミット。

4.サーバーの設定

4.サーバーの設定


3.でコミットしたプロジェクトをサーバーのリポジトリにpushする為に、
サーバーの設定を行います。
今回はsshで接続します。

5.sshでやってみるのでsshの設定

5.sshでやってみるのでsshの設定


設定画面のremoteを選択してサーバーのリポジトリアドレスを入れてください
ssh://your-server@your-server.sakura.ne.jp/home/studio-fun/gitrepos/repos.git
こんな感じで。

6.サーバーへpush

6.サーバーへpush


いよいよサーバーへpush!

7.リモートに先ほど設定したサーバーを選択

7.リモートに先ほど設定したサーバーを選択


対象のサーバー選択して

8.ログインのパスワード聞かれるので入力。

8.ログインのパスワード聞かれるので入力。


またsshパスワードが聞かれるので入れます。
以降サーバーへpushが実行されます。

9.サーバーからcloneで取得

9.サーバーからcloneで取得


8.で本当にpushできたか確認したいので、違うディレクトリにcloneでチェックアウトしてみましょう。

10.sshでサーバーのリポジトリを指定。

10.sshでサーバーのリポジトリを指定。

11.おぉ!ちゃんとpushできたね!

11.おぉ!ちゃんとpushできたね!

終わりに

なんといっても、レンタルサーバであれば
使用できる容量を全部Gitに使っても言い訳なので
かなり柔軟に対応できると思います。

Gitは一般ユーザーにはあまり需要が無いでしょうし、
通常のプロジェクトではSubversionでも十分かと思いますが
もっと分散型開発が主流になればそれこそ事務所にいなくとも
個人レベルでバージョン管理して更にサーバー側でも情報共有もできる。
使いこなしていけばとても便利なツールだと思います。

Share
トラックバックURL

コメントする