wgetでFTPクライアント要らず

FTPクライアント使っていて大量のファイルUPするときに
接続切れちゃう事ありませんか?
僕は良くそんな目にあうのでFTPクライント変えてみたりとかしました。が
wgetとunzipあたり使うと楽勝です。
ちょっと引用

wget とは、UNIXコマンドラインで HTTP や FTP経由のファイル取得を行えるツールです。
Webサイトであれば、リンク先を階層で指定して一気に取得することができ、オフラインでじっくり読んだり、ミラーサイトを簡単に作ることが可能です。
また、ダウンロードが途中で止まってしまった場合は、途中からやり直すレジューム機能があり便利です。

特に良く使うのはWordpressとかMovable Typeとか、EC-CUBEとか・・・・CMSを設置する場合に使うのです。
CMSってファイルサイズは大した事無いけど、大量のファイル構成になっています。
レンタルサーバへインストールする時にはCMSのサイトより

  1. PC端末に「アーカイブダウンロード」
  2. PCで「解凍」
  3. PCのFTPクライアントで「アップロード」

で、特に3.の作業時は途中で接続切れちゃってどのファイルが上がっていないのか解らなくなったりして。凄く面倒!

なので以前書いたけどレンタルサーバを選ぶときはSSHできる所を借ります。

ターミナルからサーバに接続(ssh)して

  1. wgetコマンドで対象ファイルをダウンロード

    %wget http://ja.wordpress.org/wordpress-2.6.2-ja.zip

  2. ダウンロードしたアーカイブを解凍

    %unzip wordpress-2.6.2-ja.zip

以上!簡単!時間節約!
オプション使うとレジューム機能とかダウンロード試行回数も使えるので便利。

トラックバックURL

コメントする