Google Gears API

ブログシステムWordpressのダッシュボードメニューバーの一番右に「ターボ」というメニューがあった。
なんだろうと思ったら「Google Gears API 」を使ったアドオン(?)だったので早速インストールしてみたが、何が良くなったのかさっぱり解らん。

そもそもGoogle Gears API とはなんぞや?ということで調べたら。

  • LocalServer アプリケーション リソース (HTML、JavaScript、画像など) をローカルにキャッシュして使用します。
  • WorkerPool リソースに負荷をかける動作を非同期で実行することによって、ウェブ アプリケーションの応答性を向上させます。
  • データベース データをローカルの完全検索可能なリレーショナル データベースに保存します。

上記のようなことが出来ます。
要するに、ローカルマシン上でもオンラインで動作させてた事が出来るって事?でいいのか。
あとは、ローカル上でもDBとかつかえるのでいろんな事が出来そう。

DBにはSQLiteが使われます。
WorkerPool はJavascriptは基本的にシングルスレッドで動作するので処理が多い場合待ち時間が発生しますが
I/O処理などをバックグラウンドで動作させる事が出来るそうです。

なんとなーく解るけど・・・実際どうやって活用するんだろう。これからjQueryのように色んな活用法が次々出てくるんでしょうね。
というか、もう色々あるらしいです。

トラックバックURL

コメントする