WEB(PHP)開発環境をXAMPPで作ろう!(超簡単便利)

XAMPPの紹介とインストール

XAMPPの紹介とインストール、設定方法と開発環境Eclipsの導入方法(Eclipsは次回掲載予定)

先日VMwarePlayerで?を紹介しましたが、あれはLinuxとかに慣れるためとか検証するとか、WEBサーバーやらのインストール、開発環境の構築も勉強できるのでとっても良いのですが開発環境の構築って結構大変だし、なんだかバーチャルマシン使うのもね?ってことで、もっと簡単にWEB開発環境を作る手段を紹介します。

その名も「XAMPP」です。

えーっと、読み方はザンプ?エグザンプ?個人的にはエックスアンプと呼びたいなーと思ってたけど、そんなやつはどこにもいない様で・・・・ザンプと読むそうです。
で、ザンプは何かと言うと、
XAMPPはApacheFriendsによって開発提供されていて

  • Apache 2.2.8 + OpenSSL 0.9.8g
  • MySQL 5.0.51a
  • PHP 5.2.5 & PHP 4.4.8
  • phpMyAdmin 2.11.4
  • FileZilla FTP Server 0.9.25
  • Mercury Mail Transport System v4.52

これ書いている今現在これらがパッケージになっていて、Windows(Mac版だってあります)にインストールするだけでこれらが動いちゃうすごいやつです。感覚的にはIISみたいな感じかなぁ

早速インストールしてWEB(PHP)開発環境を手に入れましょう。
Windows版で説明します。

  1. ココからインストーラーをダウンロード
  2. xampp-win32-1.*.*-installer.exe
    こんなのがダウンロードされるのでこのインストーラーをダブルクリック!
  3. しばし待つ・・・・
  4. インストール完了

xampp install

あとはコントロールパネルからサービスを起動させたり停めたりできます。
デフォルトだと以下にインストールされます。
C:\xampp

WEBサーバーの起動(Apache)

xampp_control

コントロールパネルからApache等を起動させて見ましょう。
早速以下のURLにアクセスしてみると
http://localhost/xampp/

XAMPP Windows版へようこそ Version 1.6.6a !
xampp_success
というページがブラウザで確認できます。
これはWEBサーバーがちゃんと動いている証拠です。

自分で作ったページも見て見たいので

<?php
phpinfo();
?>

と書いて
「info.php」として「C:\xampp\htdocs」に保存しましょう。んで
「http://localhost/info.php」にアクセス!ほら簡単。

バーチャルホスト

「C:\xampp\htdocs」でPHP開発も良いけど・・・・
ちゃんとフォルダ分けて管理したいので「バーチャルホスト」を設定します。
「C:/xampp/mydocs」mydocsフォルダを作成してここにマッピングさせたいので
Apacheの設定。
Apacheの設定ファイルはここにあります。「C:\xampp\apache\conf」
なので「C:\xampp\apache\conf\httpd.conf」を編集しましょう。

httpd.confの44行目あたりから以下があるので「Listen 8080」を追加しましょう。

#
# Listen: Allows you to bind Apache to specific IP addresses and/or
# ports, instead of the default. See also the 
# directive.
#
# Change this to Listen on specific IP addresses as shown below to 
# prevent Apache from glomming onto all bound IP addresses (0.0.0.0)
#
#Listen 12.34.56.78:80
Listen 80
Listen 8080

それから同じくhttpd.conf一番下に

#ADD kan 2008/05/12 start
<virtualhost *:8080>
	DocumentRoot C:/xampp/mydocs
	<directory "C:/xampp/mydocs">
		Options Indexes FollowSymLinks MultiViews Includes ExecCGI
		AddType text/html .shtml
		AddHandler server-parsed .shtml
		AddHandler cgi-script .cgi .pl
		AllowOverride All
		Order allow,deny
		Allow from all
	</directory>
</virtualhost>
#ADD kan 2008/05/12 end

と書きます。

mydocsに先ほど作ったinfo.phpを持ってきましょう。
そしたらApacheの再起動。
XAMPPのコントロールパネルから再起動させて
「http://127.0.0.1:8080/info.php」にアクセス
どうですか?動いた?であればOK!

これでPHPの開発環境が出来ました。すばらしい!しかも簡単!
次回は「Eclipsでphp開発」を書こうと思います。

トラックバックURL

コメントする